【基礎編】5大栄養素と食物繊維について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         食事の写真

こんにちは、トモジです。

私たちが健康に生活するためには、栄養バランスがとても大切な事はご存知でしょうか?

5大栄養素 [ 炭水化物(糖質) ・ 脂質 ・ タンパク質 ・ ビタミン ・ ミネラル ] 食物繊維
バランス良く摂取する事が、栄養バランスを整える上で、非常に重要なことです。
しかし、実際にはそのことを十分に理解していない方も多いかと思います。

今回は、5大栄養素と食物繊維の働きに関しての記事をご紹介します。


1.栄養素の種類とその働き


5大栄養素に関しての図



栄養とは非常にたくさんの種類があり、生物がその生命を保ち成長していくために
必要な物質でもあります。

栄養素は大きく分類分けすると5つに分けられるので、その種類と働きに関して
順番に見ていきましょう。



炭水化物(糖質)

 炭水化物とは何か?分かりやすく解説します【図解入り】

炭水化物(糖質)はダイエットの天敵とされやすく、過度に抜いてしまう方がいます。
もちろん取り過ぎは良くないのですが、抜き過ぎると以下のような影響があります。


 炭水化物(糖質)を抜き過ぎると起きる現象

  • すぐに疲れやすくなる
  • 集中力がなくなる

炭水化物(糖質)は、体や脳を動かすエネルギーになります。

注意

取り過ぎて余った炭水化物は、脂肪のもとになりますので注意が必要です




脂質

 脂質の役割と特徴とは何か?分かりやすく解説します【図解入り】

脂質もダイエットの天敵とされやすく、過度に抜いてしまう方がおりますので
脂質の働きに関して見ていきましょう。


 脂質の働きは以下の内容

  • エネルギーになる
  • 体温を保つ
  • 細胞膜などを構成する
  • ホルモンの原料になる
  • 脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・Kなど)の吸収に役立つ

脂質は、体をつくる事やエネルギーになります。

注意

脂質の取り過ぎは、肥満や動脈硬化を引き起こす原因の1つになる可能性があります




タンパク質

 タンパク質とは何か?分かりやすく解説します【図解入り】

タンパク質は、筋肉増強のために必要な成分と理解している方が多いかと思います。
それ以外にも必要な成分なので、適切な働きに関して見ていきましょう。


 タンパク質の働きは以下の内容

  • 筋肉・臓器・血液・皮膚などの、体をつくる材料になる
  • エネルギーになる

タンパク質も、体をつくる事やエネルギーになります。



平均的なタンパク質が体に占める量は20%程度になります。

平均的なタンパク質の占める量の写真



ビタミン

 ビタミンの栄養素一覧と役割に関して分かりやすく解説します。【図解入り】

ビタミンは体の機能を正常に保つ働きを持っております。
働きに関して見ていきましょう。


 ビタミンの働きは以下の内容

  • 炭水化物(糖質)・脂質・タンパク質からエネルギーがつくられるのを助ける
  • 体の組織(皮膚・目・血管・骨・歯など)を丈夫にする
  • 免疫力を高めたり、老化を防いだりする
point

ビタミンは13種類あり、ビタミンD以外体内でつくる事ができない

ビタミンの種類の写真



ミネラル

 ミネラルの種類・栄養素の働きについて【図解入り】

ミネラルも体の機能を正常に保つ働きを持っております。
働きに関して見ていきましょう。

 ミネラルの働きは以下の内容

  • 骨や歯、血液などの材料になる
  • エネルギーがスムーズに作られるように働く
  • 体の調整を整える
point

ミネラルは16種類あり、体内でつくる事ができない

ミネラルの種類の写真


2.食物繊維

はてなマークの写真

食物繊維は消化・吸収されずエネルギーにもなりませんが
第6の栄養素とも言われており非常に重要です。


その種類と働きに関して見ていきましょう。


水溶性食物繊維

水溶性食物繊維とは、水に溶ける食物繊維の事です。


 水溶性食物繊維の働きは以下の内容

  • 脂肪の消化吸収を抑える
  • コレステロールの吸収を抑えて排出を促す
  • 血糖値の急上昇を防ぎ、糖尿病を予防する
  • ナトリウムの排出を促す

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維とは、水に溶けない食物繊維の事です。

 不溶性食物繊維の働きは以下の内容

  • 水分を吸収し、便をやわらかくする
  • 便のかさを増やし、腸壁を刺激して排便をスムーズにする
  • 有害物質を吸着して排出する

食物繊維の取り過ぎは?

大量摂取で栄養素の吸収が阻害される場合がある(通常の食事では過剰摂取は心配ない)

食物繊維の不足は?

・腸内環境の悪化で、腸の病気の原因になる
・心筋梗塞や糖尿病などの生活習慣病の発症率が高くなる


まとめ

今回は、[5大栄養素と食物繊維]に関しての記事でした。

栄養学とは知れば知るほど奥が深く、生きるために必要な知識でもあります。
基本的には、彩り良く料理を作るとバランスが良い食生活になります。
彩りの重要性に関しては、次回お楽しみください。

今後は、ビタミン・ミネラルに細かくフォーカスしたり
知っておくとためになる知識をたくさん記事にしていきます。

それではまたお会いしましょう。




その他の関連記事は、



上記の記事を参考にしてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*