頑張るとは?【自己満足にならないための秘訣】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         メイン画像(頑張る)

こんにちは、トモジです。
目標に向かって頑張る際に、「自分は結構頑張っている」と
思う事ありますよね?

しかし、実はその考えはあまり良くなく
自分自身のポテンシャルを下げてしまう危険性があります。

今回の記事は、頑張る事や自己満足にならない秘訣について説明していきます。


1.本気で頑張るとは?

本気で頑張る事の画像

頑張るとは、便利な言葉であり曖昧な言葉でもあります。
数値で確認できれば、わかりやすいのですが・・・
なので実際に頑張るとは、どのような事なのかについて見ていきましょう。


常に高みを目指す

頑張っている人は、常に高みを目指し
改善をして、目標をブラッシュアップしています。

高みの目標に関しての画像


頑張っているとは言わない

頑張っている人は、他人には「すごい頑張ってるね」と言いますが
自分に対しては言いません。

 頑張っている人ほど、以下のような言葉を使います。

  • まだまだ、頑張りが足りないよ
  • 自分より頑張っている人は、たくさんいるよ
  • 頭が良くないから、みんなより何倍もやらないとダメなんだよ

自分に厳しいので、頑張っているとは認めたくない事の裏返しですね。



周りが心配する

人が本気で頑張っていると、常軌を逸しており
周りの友達や家族が心配し始めます。


 あくまでも例えですが、以下のような事があります。

  • 何かに取り憑かれたように、一心不乱に取り組む
  • 食事や睡眠をあまり取らなくなる(食事を抜いて作業をする)
  • 心配しても、すべて「大丈夫」と返される

心配しても、聞く耳をもってくれないのでより一層心配になりますよね。




 本気で頑張るとは、以下の内容

  • 自分自身に対しては「頑張っている」と言わず、常に高みを目指して一心不乱に行動する



2.頑張っていると言わない方が良い理由

なぜと言っている画像

自分に対して「頑張っている」と言わない方が良い理由があります。
なぜ?良くないのかについて見ていきましょう。


ストッパーをかけてしまう

自分の行動に対して、頑張っていると認めてしまうと
以下のような考えが出てきます。

  • 頑張ったから少し休憩しても良いでしょ


今以上に頑張らなくても問題ないと思い、ストッパーを設定してしまいます。

ストッパーに関しての画像


周りの意見に満足してしまう

基本的に家族や友達は、あなたの協力者なので
発言に対して、共感してやさしい言葉を投げかけてきます。


 以下のような言葉でしょうか

  • 頑張りすぎも体に良くないから、休んだ方が良いよ
  • 今日はゆっくり休んで、また今度頑張れば良いよ

そんな言葉を投げかけられたら、自分に甘えてしまうキッカケにもなります。




 頑張ってると言わない方が良い理由は、以下の内容

  • 周りの言葉に甘えてしまい、自分自身にストッパーを設定してしまう



3.自己満足にならない秘訣

自己満足で何もやっていなかったら時間ムダであり、
周りにも良い影響は与えません。

自己満足にならないための秘訣について見ていきましょう。


世の中みんな忙しいと思う

基本的に忙しい人の割合のが多いです。
そして、意識する感覚によってあなたの行動が変化します。


 世の中はみんな忙しいと思うパターン

みんな忙しいのに頑張ってるんだから、もっと自分も頑張らないといけないな


 自分だけが忙しいと思うパターン

自分ばかり忙しくて、さらに頑張ってるんだから
少しくらい休んでも問題ないでしょ


他にも色々なパターンがあると思います。
そして、自分だけが忙しいと思うのはやめましょう。



比較するなら頑張っている人

誰かと比較する場合は、必ず自分より頑張っている人を参考にしてください。

自分のが頑張ってると思うのは、下を見ている証拠なので、
ストイックに頑張っている人を参考にする事を、私はオススメします。

理由は、常に自身の甘さに気が付くからです。




 自己満足にならない秘訣は、以下の内容

  • 世の中はみんな忙しいと思い、頑張っている人を参考にする

まとめ

今回は、頑張る事に対して自己満足にならないための秘訣に関して記事にしました。

頑張っていると言うと、周りは褒めてくれる場合が多いと思います。
面と向かっての会話では、悲観的な返しが少ない場合が多いからです。

また、褒めてくれると妥協してしまい、頑張る事に少しブレーキがかかります。

頑張るとは、常に高みを目指し、周りが心配するぐらい没頭する事です。
少しオーバーな表現かと思いますが、本当に頑張っている人は常識の枠を超えた作業量です。


常に自分に厳しくする事が、明るい未来の扉を開くカギになります。

これを機に、あなたの性格を変えるキッカケになればありがたいです。
それではまたお会いしましょう。



SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*