【Waves】Maxx Volumeの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         Maxx Volumeの使い方

こんにちは、トモジです。
今回は、Waves社のプラグインエフェクトMaxx Volumeの使い方に関して記事にしました。

Maxx Volumeは、小さな音を大きくしたり、
大きい音に関しては、圧縮で減少するボリュームを自動で作り出し音量を保ち
自動的に最適化されたダイナミクスを作り出す事が可能なプラグインです。

本記事では、Maxx Volumeをより詳しく・分かりやすく・複雑にならないように説明していきます。


1.Maxx Volumeについて

通常のコンプレッサーは、大きな音に対して圧縮して音圧を稼ぎますが
Maxx Volumeは、小さな音を増幅する事が可能になるプラグインです。
また、Waves L2 Ultramaxmizerのアルゴリズムや数あるwavesのコンプレッサーのダイナミクステクノロジーを融合して、ダイナミクスと音量を維持する事が可能になります。



ダイナミクスとは?

ダイナミクスとは、音量の強弱の事を言います。

ダイナミクスの説明図


通常は、音量の高い部分がコンプレッサーで圧縮されると平たい音になります。
いわゆるダイナミクスがない音になります。
※厳密には、こんなに平らに圧縮はされません




2.Maxx Volumeの使い方と音の変化

使い方について



以下の内容について説明します。
※項目にジャンプします。




音の流れに関して

Maxx Volumeは左から右に信号が流れる仕組みになっています。

入力から出力に関しての図

 Maxx Volumeの使い方目次に戻る




LOW LEVELに関して

LOW LEVELは、小さい音を増幅する設定です。


  1. スイッチをONをすると機能が有効になる
  2. スレッショルド以下の音がゲインの対象になる
  3. 持ち上げる音量の設定

LOW LEVELに関しての設定図



図で説明


LOW LEVELの図での説明



音で違いを聞き比べ


ストリングスの設定無し



ストリングスのLow Levelの設定あり

POINT

規定のスレッショルドまで立ち上がりの小さい音が増幅される
※スレッショルド以上になってもリリースの影響で音量は少し増加する

 Maxx Volumeの使い方目次に戻る




GATE(ゲート)に関して

GATE(ゲート)は、設定したdb以下の音を遮断する機能です。


  1. スイッチをONをすると機能が有効になる
  2. 設定されたレベル以下の音が遮断される

GATEに関しての設定図



図で説明


gateの図での説明
POINT

LOW LEVELで小さな音を大きくすると、聞こえにくかったノイズなどが目立つようになるのでGATEで除去する




音で違いを聞き比べ

ギターの設定無し



ギターのGATE設定あり



POINT

小さく聞こえるノイズ音が除去されている

 Maxx Volumeの使い方目次に戻る




LEVELER(レベラー)に関して

LEVELER(レベラー)は、コンプレッサーのアタックとリリースタイムを長くすることで音量を均等に保つ設定です。


  1. スイッチをONをすると機能が有効になる
  2. 設定されたレベルを保つ
  3. リリースタイムの設定

LEVELERに関しての設定図
SOFT/LOUDについて

SOFT・・・リリース時間が長く音がソフトになる
LOUD・・・リリース時間が短くアグレッシブな音になる

補足

真ん中のボリュームメーターはLEVELERの設定後の表示になる




音で違いを聞き比べ

ギターGATEの設定



ギターGATEとLEVELER SOFTの設定



ギターGATEとLEVELER LOUDの設定



POINT

LEVELERによりGATEの音が自然なり、音量も整えられている
※LOW LEVELも設定すれば音がさらに均一的になる

 Maxx Volumeの使い方目次に戻る




HIGH LEVELに関して

HIGH LEVELは、ダイナミクスを崩さすに大きい音を圧縮する設定です。


  1. スイッチをONをすると機能が有効になる
  2. 大きな音を圧縮するレベルの設定
  3. 出力の音量を設定

HIGH LEVELに関しての設定図

 Maxx Volumeの使い方目次に戻る




OUT PUTに関して

OUT PUTは、GAINの調整による最終的な出力音量です。


OUT PUTに関しての設定図

 Maxx Volumeの使い方目次に戻る




まとめ

今回は、Maxx Volumeの使い方と音の変化についての記事でした。

Maxx Volumeは、小さい音にフォーカスして音量を調整でき
ダイナミクスを崩さずに音圧を上げられるので、色々な音に使える万能プラグインです。

そして使い方を何度も確認して色々いじって音の変化を楽しんでみてください。

それでは、またお会いしましょう。








その他の関連記事は、



上記の記事を参考にしてください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*