【Waves】PuigTec EQP-1A/MEQ-5の基礎知識・使い方・音の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         PuigTec EQP1A MEQ5の写真

こんにちは、トモジです。
今回は、Waves社のプラグインエフェクトPuigTec EQP-1A/MEQ-5の
基礎知識使い方・音の違いに関して記事にしました。

PuigTec(プイグテック)とは、PulTec(パルテック)をWaves社がモデリングしたプラグインです。



[モデリングとは、実機をDAW用エフェクトで再現した事]
※DAWとは、(Digital Audio Workstation)PC上の音楽制作ソフト



1.PuigTec EQP-1A/MEQ-5について

PuigTec EQP-1A/MEQ-5は、Jack Joseph Puig(ジャック・ジョセフ・プイグ)が
使用していたPulTec EQP-1AとMEQ-5の事です。

  • Puigさんが使用していたPulTec  → PuigTec [Waves社が独自に命名]

Jack Joseph Puigが分からない方は以下のリンクを参照してください。
 Jack Joseph Puig(ジャック・ジョセフ・プイグ)について



 EQP-1A・MEQ-5は、以下の音域に特化している。

POINT

EQP-1A・・・低音処理と高音処理に特化
MEQ-5・・・中音処理に特化


PulTec EQP-1A/MEQ-5について

Pultecは、1951年から約70年近く時を経ても、
世界中のスタジオで愛用されているビンテージEQ(イコライザ)です。

回路に真空管を使用しているので、柔らかく温かみのあるサウンドメイク
ブーストしながらカットが可能であり、独特なサウンドメイクも出来ます。




2.PuigTec EQP-1A/MEQ-5の使い方

EQP-1AとMEQ-5では、設定箇所の名前が少し違うので別々に見ていきましょう。


PuigTec EQP-1Aに関して

低音の設定方法[20~100Hz]

EQP-1Aの低音[20~100Hz]設定写真
  • [LOW FREQUENSY(ローフリークエンシー)]・・・周波数レンジを20~100Hzの4段階で変更
  • [BOOST]・・・LOW FREQUENSYで設定した周波数をブースト
  • [ATTEN]・・・LOW FREQUENSYで設定した周波数をカット



高音の設定方法[3~16kHz]

EQP-1Aの高音[3~16kHz]設定写真
  • [HIGH FREQUENSY]・・・周波数レンジを3~16kHzの7段階で変更
  • [BAND WIDTH(バンドウィドス)]・・・HIGH FREQUENSYで設定した周波数帯域の幅を設定
  • [BOOST]・・・設定した周波数を周波数をブースト



高音の設定方法[5kHz・10kHz・20kHz]

EQP-1Aの高音[5~20kHz]設定方法写真
  • [ATTEN SEL]・・・周波数レンジを5~20kHzの3段階で変更
  • [ATTEN]・・・ATTEN SELで設定した周波数をカット

POINT

低音[20~100Hz]のみ同じ周波数帯域でブーストとカットが可能




ハムノイズ

[60Hz]や[50Hz]のハムノイズを付加できます。

EQP-1Aのハムノイズに関しての写真

ハム音またはハムノイズ(単にハムとも)とは、電源周波数に準じた低い「ブーン」という雑音のこと。

引用元: ウィキペディア ハムノイズ



PuigTec MEQ-5に関して

中音の設定方法[200Hz~1kHz(ブースト)]

MEQ-5の中音[200Hz~1kHz(ブースト)]設定方法写真
  • 周波数レンジを200Hz~1kHzの5段階で変更
  • 設定した周波数のブースト

中~高音の設定方法[200Hz~7kHz(カット)]

MEQ-5の中高音[200Hz~7kHz(カット)]設定方法写真
  • 周波数レンジを200Hz~7kHzの11段階で変更
  • 設定した周波数のカット

高音の設定方法1.5~5kHz(ブースト)]

MEQ-5の高音[1.5~5kHz(ブースト)]設定方法写真
  • 周波数レンジを1.5~5kHzの5段階で変更
  • 設定した周波数のブースト

POINT

7kHz以外は、ブーストしながらカットが可能


ハムノイズ

[60Hz]や[50Hz]のハムノイズを付加できます。

MEQ-5のハムノイズに関しての写真


3.音の変化に関して

ブーストとカットを同じ値に設定にするとプラスとマイナスで
打ち消しあって変化がなさそうに感じますが、少し音に変化が起きます。

厳密にはブーストとカットの効き具合(波形の違い)によって変化が起きます。
図を見ながら確認していきましょう。




PuigTecに音を通しただけでも音が変化する

以下の周波数特性は、PuigTec EQP-1Aに音を通しただけの変化に関してです。


PuigTec EQP-1Aと原音の違いの写真

 EQP-1Aに音を通すと、以下の変化が起きます。

EQP-1Aによる変化

・音が少しブーストされる
・18kHz近辺が少しカットされ、少し温かみのある音に変化する
・音が柔らかく軽やかになり、アナログのガサつきが出る(波形では確認できない現象)




ブーストとカットで起きる現象[EQP-1A]


PuigTec EQP-1A boost10とattend10の波形の変化

POINT

・60Hz以下の低音がブーストされ、130Hz付近がカットされている
・昔から、キックやベース・タムなどをカッコ良く仕上げるテクニックとされた




ブーストとカットでの変化量の違い[EQP-1A]


変化量の違いの写真
POINT

・設定する周波数値を高くすると・低音がよりブーストされる
・設定する周波数値を高くすると・カットされる周波数帯域が高くなる




BANDWIDTHの変化量の違い[EQP-1A]

BANDWIDTH変化量の違いの写真

POINT

BANDWIDTHの値を小さくすると、狙った周波数帯域をたくさんブーストする




5~20kHzでのカットの変化量の違い[EQP-1A]

5~20kHzでのカットの変化量の違いの写真



ブーストとカットでの変化量の違い[MEQ-5]

ブーストとカットでの変化量の違い[MEQ-5]の写真

POINT

・EQP-1Aほど顕著な違いはでない



まとめ

今回は、PuigTec EQP-1A/MEQ-5の基礎や使い方・音質の違い関しての記事でした。

少し複雑なプラグインですので、使い方を何度も確認して
色々いじって音の変化を楽しんでみてください。

ビンテージEQのモデリングプラグインを使用する利点は、
通常のクセがないEQでは作れない独特なEQカーブと音の質感(アナログ感)になります。

記事では細かい違いをグラフで記載したので、音の違いをイメージしながら
感覚に落とし込む作業を何度も繰り返して身に付けてください。

それでは、またお会いしましょう。





その他の関連記事は、



上記の記事を参考にしてください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*