目標管理の立て方と納期設定の必要性 【モチベーション維持】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         目標管理の立て方と納期設定の必要性 【モチベーション維持】のアイキャッチ画像

こんにちは、トモジです。

今回は目標管理に関して、私が常に意識して実勢している方法をご紹介します。
目標管理が出来ると結果的にモチベーション維持に繋がるのでとても重要です。

本記事は、仕事以外で新たに何かチャレンジしたい人向けにフォーカスをしております。

そして仕事以外での目標管理やモチベーション維持は、意外と難しと思います。
今回は、その様な悩みを抱える”あなた”の解決策やヒントになると思い記事にしました。

例えを入れて説明していきますので、自分の目標に置き換えるイメージをしながら見てください。

1.目標管理の立て方と納期設定

迷路とゴールの写真


漠然とした目標管理では、方向性が定まらず、達成出来るイメージもわいてこないので、
モチベーションも下がりいつの間にか挫折している可能性があります。
挫折しないように、まずは目標に対してどのように接するのか見ていきましょう。


チャレンジしたい目標を細分化

 チャレンジしたい目標が定まったら以下の事を考えましょう。

  1. 目標のターゲットをより明確にする
  2. 達成可能な時間を把握する
  3. どのくらいの期間で達成するのか決める

①目標のターゲットをより明確にする事の利点

目標がより明確になる事により、効率的な勉強や作業を進める事が可能になる

②達成可能な時間を把握する事の利点

目標を達成する時間が明確だと、進捗状況の把握ができ挫折しにくい

③どのくらいの期間で達成するのか決める事の利点

期間を決める事により、より明確な勉強や作業の予定立てが出来る



 例えば、英語を勉強する理由を参考に考えてみます。

①目標のターゲットをより明確にするとは?

[以下のような目標が上げられます(あくまでも一例)]
・海外旅行に行った時に最低限の英会話が出来るレベルになりたい
・トイックで高得点を取り、仕事での評価を上げたい(点数も明確にする)
・海外に移住して、ビジネスシーンである程度支障がないレベルになりたい
・日常的な英語のやり取りでストレスを感じなくなるレベルになりたい
・映画を翻訳や字幕なしで見たい

POINT

より細かくリアリティーがある目標が良い


②達成可能な時間を把握するとは?

[目安時間(ネットや知人の情報などを参考に目安を決める)]
・海外旅行に行った時に最低限の英会話が出来るレベルになりたい
 約1,000~2,000時間程度の勉強が必要

・トイックで高得点を取り、仕事での評価を上げたい(点数も明確にする)
 約2,000~3,000時間程度の勉強が必要[900点前後が可能(990点が満点)]

・海外に移住して、ビジネスシーンである程度支障がないレベルになりたい
 約7,000~10,000時間程度の勉強が必要

・日常的な英語のやり取りでストレスを感じなくなるレベルになりたい
 約10,000時間程度の勉強が必要

・映画を翻訳や字幕なしで見たい
 約15,000~20,000時間程度の勉強が必要

POINT

ある程度ネットで調べると平均的な時間が把握できる
あくまでも概要が把握できれば良い


③どのくらいの期間で達成するのか決めるとは?

[目標を何年で達成したいのか決める]
1年? 3年? 5年?

POINT

可能であれば短い納期のが結果を出しやすい(状況判断で調整する)




年・月・日での勉強や作業時間を把握する

[日常的な英語のやり取りでストレスを感じなくなるレベル]に関して考えていきましょう。

年・月・日の割り振り

[達成期間は10年間で、目安時間の10,000時間と考える場合]
10年・・・10,000時間
1年・・・1,000時間(10,000 ÷ 10[年])
1ヶ月・・約83時間(1,000 ÷ 12[月])
1日・・・約3時間(1,000 ÷ 365[日])

上記の結果から、1日約3時間の勉強を10年間継続で
[日常的な英語のやり取りでストレスを感じなくなるレベル]が可能になる把握が出来ました。




 目標管理の立て方と納期設定のまとめは、以下の内容

  • 目標のターゲットを明確し、目安時間と納期を設定する
  • 目安時間の[年]・[月]・[日]の勉強や作業時間を把握する



2.達成可能な方法を考える

ゴールテープを持つ人のイラスト

目標の達成時間や納期を設定しても、
実際に勉強や作業する内容が不明確では達成する事は困難になります。
目標達成に必要な項目を出しを、目安時間に落とし込む作業をしていきましょう。


達成に必要な項目出し

 目標の項目出しに関して以下の事を考えましょう。

  1. ネット・書籍・知人の情報を参考にする
  2. 達成するために必要な要素を考える(選別する)

①ネット・書籍・知人の情報を参考にする事に関して

新たな事にチャレンジする場合、先人のすでに成し遂げている人の情報を参考にする

②達成するために必要な要素を考える(選別する)事に関して

ある程度情報が集まった時点で、自身の目標に必要な項目を選別する



 引き続き英語を参考に考えてみます。

目標達成に必要な項目出しとは?

[日常的な英語のやり取りでストレスを感じなくなるレベルの場合]
・英単語15,000~20,000単語必要(余力があれば25,000単語が理想)

・[聞く][書く][読む][話す]をバランス良く10,000時間勉強が必要

・ネイティブ発音の脱落を把握する
 ※英語の脱落・・・滑らかに発音する事で、聞こえ方に変化が起きる事

・イディオム(比喩表現)やスラング(主に若者言葉)をある程度把握する

POINT

項目出しはかなり重要なので、できる限り思いつく事をあげましょう




ざっくりした取り組み方を決める

目標達成に必要な項目出しと達成時間が把握できたので、
勉強や作業時間の取り組み方を考えましょう。


 引き続き英語を参考に考えてみます。

ざっくりした取り組み方に関して

[日常的な英語のやり取りでストレスを感じなくなるレベルの場合]
・20,000英単語の記憶→年間で2,000単語の記憶を10年間
 ※何度の繰り返しすばやく読み返し覚える事をする[記憶の定着には時間がかかるため]

・[聞く][書く][読む][話す]を10,000時間勉強→各々2,000時間勉強
 聞く・・・リスニング・ラジオ・映画などを参考にする
 書く・・・外国人の友達を作り、ラインなどで頻繁にやり取りをする
 読む・・・ラインのやり取り・興味がある英語の記事を読む
 話す・・・独り言・外国人の友達を作る・英会話に通う
 ※2,000時間は他の勉強に必要なため

・ネイティブ発音の脱落を把握する→[聞く]や[話す]時の勉強に入れ込む

・イディオム(比喩表現)やスラング(主に若者言葉)をある程度把握する
→ネイティブと話す時に、質問して徐々に覚える

POINT

ある程度ざっくりした計画をた立て、勉強や作業をしていく中で明確な計画に変更していく




 達成可能な方法を考えるまとめは、以下の内容

  • ネット・書籍・知人の情報を収集して、目標達成に必要な項目を選別する
  • ざっくりし計画を決める



3.目標管理とモチベーション維持に関して

システム手帳のイラスト

どのように取り組む事によって、目標達成しやすくなるのかに関して説明していきます。

行動を細かく把握する

通常は、予定を計画する時に[重要な予定]や[期日が決まっている予定]のみ計画すると思います。
しかし、その予定計画では空いている状況が把握がしにくいです。

予定計画は、[会社]・[飯]・[お風呂]・[その他の細かい予定]など
仕事からプライベートまで細かく入れる事をオススメします。
手帳に記入したり・グーグルカレンダーで管理したり形は何でもかまいません。

自分の状況を可視化して客観的に把握する事が大切です。



空いてる隙間に勉強を入れ込む

予定を細かく可視化すると、意外に空き時間を発見する事が出来ます。
最初はムリのない程度に勉強や作業を入れ込みましょう。



ズレの微調

1日単位で予定を計画していても、[仕事の残業]・[唐突な予定]・[どうしても気が乗らない]などで
計画通りに達成できない日が出てきます。

1週間の間で調整し、月の目安時間を達成するように心がけましょう。

また、月の予定が達成できない場合は、
毎月の計画を調整して年間の目安時間を達成出来るように心がけましょう。



目標に執着する

やるべき事や目標達成の納期が決まっているので、自身で決めた数値に執着して取り組みましょう。
モチベーションが下がる要因は、
[不明確な未来]と[数値に執着していない]事で起きる場合が多いです。




 達目標管理とモチベーション維持に関してのまとめは、以下の内容

  • 予定を可視化して空きの状況を把握し、予定計画をする
  • 常に目標に執着して、ズレた場合は調整をする


まとめ

今回は、[目標管理の立て方と納期設定の必要性 ]という内容でした。

目標達成に必要な時間を、常に意識して没頭すれば必ず達成出来ると思います。

やるべき事が明確であれば、モチベーションは下がりにくくなり
目標達成しているイメージが明確にできれば、さらにモチベーションは下がりにくくなります。

脳で明確にイメージ出来る事は必ず達成もできます。

これを機に、あなたの性格を変えるキッカケになればありがたいです。
それではまたお会いしましょう。




その他の関連記事は、



上記の記事を参考にしてください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*