ビタミンB12の働きとは何か?分かりやすく解説します【図解入り】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         ビタミンB12のアイキャッチ

こんにちは、トモジです。
今回は、ビタミンB12について解説します。

ちなみにビタミンB12は、どのような効果があるのかご存知でしょうか?
ビタミンB12が不足すると、貧血やDNAに影響・神経障害の原因になります。

本記事では、ビタミンB12をより詳しく・分かりやすく・複雑にならないように説明していきます。


1.ビタミンB12の効果と働きについて


ビタミンB12の働きについての図



 ビタミンB12には主に以下の効果があります。


  1. 赤血球の生成
  2. ビタミンB12は、葉酸と協力してヘモグロビンの合成を助ける
    ※赤血球の寿命は4ヶ月とされており、常に新しく作り変えられている

  3. DNAの合成を助ける
  4. DNAの合成に働く葉酸をサポートし、神経細胞の機能維持をする

  5. 末梢神経の機能維持に働く
  6. タンパク質や神経細胞内の核酸の合成を助ける働きがある
    ※傷ついた末梢神経修復に働き、睡眠障害の改善にも効果がある





2.摂取量に関して

ビタミンB12の1日の摂取量に関して以下の値になります。


ビタミンB12の1日の摂取量の図



ビタミンB12を多く含む食材

ビタミンB12は、植物性食品には存在していません。
肉はレバー・魚は貝類が主な摂取源で、海苔にも豊富に含まれます。


ビタミンB12の含有量の図



取り過ぎ・不足した時

ビタミンB12の取り過ぎの場合

・極端に偏った食生活を継続しない限り特に害はない
※水溶性ビタミンなので毎日の食生活で意識的に摂取しましょう

ビタミンB12が不足した場合

・赤血球が減るために貧血の原因になる
・神経障害の原因になる
・動脈硬化の原因になる




まとめ

今回は、ビタミンB12についての説明でした。

ビタミンB12は、血液やDNA・末梢神経に関わる大切なビタミンの1つです。
基本的に動物性食品に存在し、貝類が特に豊富です。
シジミやアサリは、鉄分やアミノ酸も豊富なのでオススメです。

これを機に、あなたの食生活を変えるキッカケになればありがたいです。
それではまたお会いしましょう。






その他の関連記事は、



上記の記事を参考にしてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*