ビタミンKの働きとは何か?分かりやすく解説します【図解入り】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         ビタミンKについてのアイキャッチ画像

こんにちは、トモジです。
今回は、ビタミンKについて解説します。

ちなみにビタミンKは、どのような効果があるのかご存知でしょうか?
ビタミンKが不足すると、血が止まりにくくなったり骨へのカルシウム沈着が悪くなります。

本記事では、ビタミンKをより詳しく・分かりやすく・複雑にならないように説明していきます。


1.ビタミンKの効果と働きについて

ビタミンKの効果についての図



 ビタミンEには主に以下の効果があります。


  1. 止血効果
  2. 肝臓で血液を凝固する成分(プロトロビン)が作られる時に、補酵素として働く

  3. 血液の凝固抑制
  4. 出血しても他の部分では、血液がいつも通りに流れるようにするために凝固を抑制する

  5. 健康な骨作り
  6. ビタミンDがカルシウムの吸収を助ける時に、ビタミンKは骨に取り込む働きで作用する





ビタミンKの種類

ビタミンKは、[フェロキノン]と[メナキノン]の2種類の分かれます。


ビタミンKの種類の図
POINT

[フェロキノン]と[メナキノン]はどちらも生理的作用は同じ




2.摂取量に関して

ビタミンKの1日の摂取量に関して以下の値になります。

ビタミンKの1日の摂取量の図
摂取基準(μg)



ビタミンKを多く含む食材

ビタミンKは、モロヘイヤ・あしたば・ほうれん草などの葉物納豆や海藻類に豊富です。

ビタミンKの含有量の図



取り過ぎ・不足した時

ビタミンKの取り過ぎの場合

・基本的に食生活で取り過ぎる事はなく、過剰症の心配はない

注意

血栓症や血液凝固が原因の病気の人が、血行促進作用の薬を服用している場合は摂取量に注意
※血栓症・・・血管内に血栓が形成され、循環系における血流が閉塞する事


ビタミンKが不足した場合

・血液が凝固しにくくなる
※鼻血が止まりにくい・歯ぐきから出血しやすい・ケガの時に血が止まりにくい

・骨へのカルシウム沈着が悪くなり骨粗しょう症の原因になる




まとめ

今回は、ビタミンKについての説明でした。

ビタミンKは、血液や骨に関係する大切なビタミンの1つです。
そして海草類は、ビタミンK以外にミネラルも豊富なのでオススメです。

これを機に、あなたの食生活を変えるキッカケになればありがたいです。
それではまたお会いしましょう。






その他の関連記事は、



上記の記事を参考にしてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*