ビタミンの栄養素一覧と役割に関して分かりやすく解説します。【図解入り】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         ビタミンの役割と働きに関してのアイキャッチ画像

こんにちは、トモジです。
今回は、ビタミンについて解説します。

ビタミンは体に良さそうなイメージがありますが、
どのような効果や作用があるのかご存知でしょうか?

また、ビタミンPやビタミンQ(コエンザイムQ10)などは、ビタミンが名前に付いているのに
ビタミンには含まれません。

本記事では、ビタミンをより詳しく・分かりやすく・複雑にならないように説明していきます。


1.ビタミンとは何か?


ビタミンに関しての図


ビタミンは全部で13種類あり、[脂溶性ビタミン]と[水溶性ビタミン]に分かれます。

三大栄養素(炭水化物・脂質・タンパク質)に比べると必要量は少なく
微量栄養素と言われるが、人間には不可欠な物資で不足すると欠乏症を引き起こします。

欠乏症について

不足ビタミンで症状に違いが出ますが、主に皮膚・神経系・骨・血管に症状が出る




脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンに関して

脂溶性と水溶性での違いに関して見ていきましょう。


脂溶性ビタミンに関して[4種類]

水に溶けないビタミンで、油脂に溶けた状態で体内に蓄える事が出来る
※必要量摂取すると、過剰症を引き起こす

過剰症について

・ビタミンA・・・頭痛・吐き気・脱毛・皮膚の炎症・肝障害
・ビタミンD・・・疲労感・食欲不振・吐き気・肝障害
※ビタミンE・ビタミンKは特に症状は特に見られない


水溶性ビタミンに関して[9種類]

水に溶けるビタミンで、多く摂取しても尿として排出されるので過剰症はないが
毎回の食事からバランス良く摂取する必要がある




ビタミン様(よう)物質とは?

ビタミン様物質とはビタミンに似た働きをするが、体内で合成ができ
栄養素として摂取しなくても欠乏症の心配がないので、ビタミンには含まない事になっています。

十分に食事から摂取すれば、代謝を助けたり、体の機能を正常に保つ働きが期待できる。




2.ビタミンとビタミン様物質の働きに関して


ビタミンとビタミン様物質の働きに関して見ていきましょう。

脂溶性ビタミンの働き[4種類]

ビタミンA

皮膚や粘膜・目の機能を正しく保ち、強い抗酸化作用がある
※抗酸化作用・・・酸素により体内が酸化するのを防ぐ効果

 ビタミンAの働きとは何か?分かりやすく解説します【図解入り】


ビタミンD

カルシウムの吸収を高め、丈夫な骨や歯を作るのを助ける

 ビタミンDの働きとは何か?分かりやすく解説します【図解入り】


ビタミンE

強い抗酸化作用により細胞膜を保護したり、血行を良くする働きがある

 ビタミンEの働きとは何か?分かりやすく解説します【図解入り】


ビタミンK

出血した時の血液凝固に関わり、丈夫な骨や歯を作るのを助ける

 ビタミンKの働きとは何か?分かりやすく解説します【図解入り】




水溶性ビタミンの働き[9種類]

ビタミンB1

糖質の代謝に関わり、神経機能を正常に保つ働きがある

 ビタミンB1の働きとは何か?分かりやすく解説します【図解入り】


ビタミンB2

糖質・脂質・タンパク質の代謝に必要不可欠な物質で、発育促進作用もある

 ビタミンB2の働きとは何か?分かりやすく解説します【図解入り】


ナイアシン

糖質・脂質・タンパク質の代謝を促す

 ナイアシンの働きとは何か?分かりやすく解説します【図解入り】


ビタミンB6

タンパク質の代謝をサポートし、脳や神経の維持を助ける働きがある

 ビタミンB6の働きとは何か?分かりやすく解説します【図解入り】


ビタミンB12

赤血球の生成や、DNAの合成を助ける働きがある

 ビタミンB12の働きとは何か?分かりやすく解説します【図解入り】


葉酸

細胞の新生をサポートしたり、正常な造血作用を促します
※造血作用とは、新しく血液を生産する事

 葉酸の働きとは何か?分かりやすく解説します【図解入り】


パントテン酸

補酵素コエンザイムAの構成成分になる
※コエンザイムAとは. 酵素が体の中で働く上で、助けとなる補酵素

 パントテン酸の働きとは何か?分かりやすく解説します【図解入り】


ピオチン

糖質・脂質・タンパク質の代謝に関与していて、皮膚の炎症を抑える働きがある

 ビオチンの働きとは何か?分かりやすく解説します【図解入り】


ビタミンC

皮膚・血管・筋肉・骨などを丈夫にし、抗酸化作用がある

 ビタミンCの働きと1日の摂取量【図解入り】




ビタミン様物質の働き[代表的な6種類]

ビタミンQ(コエンザイムQ10)

脂溶性で、エネルギー生産に関わり、抗酸化作用がある

α-リポ酸

エネルギー生産を促進させ、抗酸化作用がある

ビタミンP(ヘスペリジン)

ビタミンCの働きを助け、毛細血管を強化する働きがある

ビタミンBt(カルニチン)

脂質の代謝を助ける働きがある

イノシトール

脂質の代謝に関わる

コリン

脂質の代謝を助け、高血圧や脂肪肝の予防が期待できる




まとめ

今回は、ビタミンについて説明しました。

彩良く野菜を摂取すると、ビタミンのバランスも良く摂取出来ます。

今回はビタミンの概要の説明をしたので
今後細かくビタミンの種類ごとに分かりやすい説明の記事を作成します。

これを機に、あなたの食生活を変えるキッカケになればありがたいです。
それではまたお会いしましょう。






その他の関連記事は、



上記の記事を参考にしてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*